大胆かつ繊細に!ダークマスターズデッキ デジモンカード デッキレシピ

デジモン 

今回は大胆かつ繊細な動きが可能なダークマスターズデッキの紹介です(*‘∀‘)!

デッキレシピ

下のツイートが最終的な構築になります!

基本戦術  

ベースが紫なのでバクモンを中心とした優秀なLv3でのアグロの動きに加えて

ダークマスターズを中心とした登場時効果が優秀なLv6でコントロール寄りの動きもできる構築にしています。

序盤はアグロの動きで2.3枚相手のセキュリティを割っておいて

中盤からダークマスターズ・オメガモン等の究極体で盤面制圧が理想的な動きですが

対戦相手のデッキによっておすすめの動き方は異なります。

各種デッキ相手の動き方は下の方でまとめています(*´ω`*)

各種デッキへの動き方の前に
狙っていきたいカードの組み合わせについて少しまとめます。

その1 

相手の場のデジモンがLv4デジモン2体の場合
メタルシードラモンで2体バウンス→次のターンにオメガモンを乗せてアタック時にメタルシードラモン回収

同様に相手のデジモンがDP4000以下の場合
ヴォルケニックドラモンで相手デジモン消滅→次のターンにオメガモンを乗せてアタック時にヴォルケニックドラモン回収

この動きは究極体デッキの理想的な動きとなりますが
究極体デッキとは違いバクモン・ガブモンのドロー効果により
手札にこのセットを引き込みやすいのもこのデッキの強みです。

その2

ピノッキモン+デビモン

ピノッキモンの効果によりレスト状態の相手デジモンを道連れで倒しにいくシンプルな戦法ですが
ピノッキモンのアタック時のメモリー+1効果によりコスト1で返されても
育成エリアから移動したLv3をデビモンに進化してそのままアタックできるのは結構強い動きです。

また、アタック時のメモリー+1効果はピエモンを登場させるコストの確保に役立つ時もあります。

    

各デッキ相手の動き方 

青オメガ・赤オメガデッキ

2ターン目がポイント
相手の盤面がメタルシードラモンorヴォルケニックドラモンの効果対象であれば思い切って出してしまい1度盤面制圧するのもあり

青オメガは相手の除去をオメガモンに頼っている部分が多いので手札が少ないうちに高コスト渡してしまい次のターンで先にオメガになってもう一度盤面制圧を狙いたい

上記の動きができない時は序盤は素直にアグロで動いて要所要所でトランプソードできっちり取るしかないですね…

シャイングレイモン・アルフォースブイドラモンデッキ

変にコスト渡すと取り返しがつかないのでアグロに徹しましょう。

アグロの動きができない時は先述したとおり2ターン目で思い切って盤面制圧&高コスト渡して進化事故狙い

紫デッキ(ピエベルゼ)

相手のピエモン登場の返しのターンにトランプソード+メタルシードラモンorヴォルケニックドラモンで
相手のピエモン+出てきたLv4以下2体をまとめて処理できるように手札を整えておく

ミレニアモンを出されないように気を付けたいが。。。
出された場合は一応ムゲンドラモンで処理できますが進化元は残るので、基本的にはピノッキモンで寝かせて無視します。

緑・黒デッキ

緑の吸収進化にはデビモンが喜んで添い寝します。ピノッキモンが寝かせ続けます。
デビモン引けてない時は焦ります。

黒の再起動にはトランプソードが刺さります。

ざっとこんな感じが各対戦相手への動き方になるかなと思います(*‘ω‘ *)

デジカ界隈で人気のyoutuber なごしさんとコラボ

デジモンカードが始まった当初からデジモンカード関連の動画を投稿している

なごしさん@nagoshi_DARSのチャンネルにて

こちらのデッキを使用した対戦動画で出演させていただきました!

よろしければ見てみてください(‘ω’)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました