デジモンカード 黃アグロ考察 

デジモン 

ケンヂです

こちらは第6弾ダブルダイヤモンド〜クラシックコレクション環境における黃アグロデッキの個人的な考察です。

黃アグロ デッキレシピ

DC1に参加した時もほぼ同じレシピでした。

カード入れ替え候補

アシッドインジェクション、ルーチェモンあたりは人によって好みが別れるかと思います。

アシッドインジェクションを抜くのであればブロッカーを超えるためのトゥルイエモンが入るかと思いますし、併せてルーチェモンが抜けると思うのでその枠を大型デジモンに対抗するためのブレスオブワイバーンを増やすのもあり。

アシッドインジェクションについてはセキュリティを減らすので6弾環境の育成エリアから出てきて一気にゲームを決めるデッキ相手には不利なように思われますが、そもそもブロッカーの入っていないデッキで相手のデジモン1体とセキュリティ1枚を1:1交換できるなら十分な仕事をすると考えています。

ハヌモンと合わせ技で寝ているLV6を倒せるのもなかなか強力

アシッドインジェクション・絶光衝は1枚使用でトラッシュが2枚増えることでトラッシュ合計10枚はわりかし早く到達できるので、ルーチェモンを多めに採用しています。

5弾バトルオブオメガからの環境の変化

5弾環境からの変化としてあげられる点は6弾の特徴として

①優秀なオプションが各色に増えた。

②優秀なフィニッシャーが増えた。

この2点が挙げられると思います。

①はコントロール系デッキが該当しますし

②は絆デッキ・ジエスモンデッキが該当すると思います。

5弾環境では頭一つ抜けていた除去性能が高いロードナイトモンデッキですが、育成エリアから出てきて一気に勝負を決めるフィニッシャーが増えたことでその強みが損なわれてしまい6弾ではあまり結果を残せない状況となっていることがこの環境の変化を物語っています。

また、今までは進化事故の確率を極力減らすためにデッキがほとんどデジモンで構成されていたのがメモリーブーストの登場やワープ進化できるデジモンが増えたことにより事故率が減り今までのデッキ構築に比べオプションやテイマーが採用しやすくなっているのも6弾環境の特徴と言えると思います。

この変化は黃アグロデッキにとっては向かい風です。

黄緑アグロデッキ 作成者が解説します! デジモンカード

こちらの動画は黃アグロデッキ作成当時の解説動画になります。

もともと黃アグロデッキは全体除去が少ない環境の中でデジモンを並べておけば低コストのスパイラルマスカレードで柔軟な除去ができる。

環境デッキは順当進化が多くセキュリティに強いオプションが入っている可能性が少なく6体並べれば基本的に攻撃が全部通って勝てる。

といった点が強みでしたが6弾になってこの強みが活かせなくなっています。

ですが、Lv4にして驚異のDP8000を誇るハヌモンが追加されたことやもともと安定感、手札補充、除去、リカバリーとできることの多いデッキですのでまだ戦える余地はあるデッキだと思っています。

環境デッキへの立ち回り

対『ジエスモン』デッキ

最速で綺麗に進化ライン揃えられたら余裕で負けます。これに関してはどのデッキも同じなので割り切り。

爆発力が高いデッキですがその分事故率も高くハックモンやシスタモンブラン、メモリーブーストでパーツを揃えに行くことが多いのでバトルエリアに出てきたデジモンはしっかり処理しつつ攻める。

相手が育成エリアで育てている時はしっかりデジモンを横に並べてプレッシャーかけていく。

セキュリティから八神太一が捲れるのが1番裏目になりますが、じっくり待っても相手に有利になるだけ。ハヌモンは高確率で生き残るので積極的にアタック。

セイバーハックモン+シスタモンノワールの状態でもこちらにデジモンが3体いればアシッドインジェクション+スパイラルマスカレードで両方倒すことも可能。

対『友情の絆』デッキ

基本的に育成エリアにガブモンがいる時は、石田ヤマトや本宮大輔がセキュリティから出てしまうと返しのターンに一気にゲームエンドまで持っていかれる可能性が高いのでアタックしない。

育成エリアにデジモンがいないタイミングで攻める。

こちらが目指す状況は相手セキュリティ残3枚

こちらの場に育成エリア込みで絆の攻撃回数のデジモン+2体(合計4〜5体)

対『勇気の絆』デッキ

ハヌモンがキーカードになります。アタックしても高確率で生き残りアトミックブラスターでハヌモンしか倒せないのは絆側からすると結構ストレス。

立ち回りは友情の絆と一緒で育成エリアにアグモンがいる時はセキュリティにアタックしない。勇気の絆デッキは友情の絆デッキに比べてドローソースが少ない分除去オプションで時間を稼ぐパターンが多い。

しっかりDP5000のデジモンとハヌモンを揃えて攻めていく。

対『ベルスターコントロール』デッキ

こちらは色んな型があると思いますが、紫軸のデジモン35:テイマー・オプション15くらいの割合のデッキを想定した上で話を進めます。

ゲヴァルトシュベルマーが1番警戒するカードとなりますが、黒のテイマーが貼られている状態かベルスターモンが登場した時にしか使えないオプションなのであまり警戒しすぎずに自分の場にデジモンが2.3体いる状況をキープしながら攻めていく。

早い段階から攻めてベルスターモンを登場コストが高い状態でも出さざるを得ない状況にもっていきこちらのペースに持っていく。

対『パーフェクトコントロール』デッキ

リカバリーが多いコントロールデッキは普通に勝ちに行くのは難しいです。

最初の相手の動きしだいですが相手がデジモン出してくるまではこちらはロップモンやパルスモンで手札を揃えつつパスし続けるのも戦法としてありだと思います。

相手もデッキ内のデジモンが少なく攻め手が少ないのでこちらが特に動かなければリカバリーオプションを使うかテイマー登場させるくらいしかすることがありません。

この状況を出来るだけ長引かせて相手のセキュリティをあえて増やしこちらはアタックしないことでセキュリティを死札にします。

相手の出してきたデジモンはしっかり除去&リカバリーで粘ってライブラリーアウトでの勝利を狙いますが基本こちらが不利です。

クラシックコレクションでの追加カードについて

6弾と7弾の間に発売されるクラシックコレクションのカードにおいて黃アグロの強化に繋がるカードは現状ないかと考えています。

黃のオプションは追加なしデジモンについても特にアグロと相性の良いカードはなしむしろ警戒すべきカードが増えています。

・イッカクモン

友情の絆に採用されているガルムモンとほぼ同じポジションになりますが、ハヌモンを引けていないとイッカクモンに盤面とられ続けて一方的にゲームエンドまで持って行かれる可能性も…

多少範囲に違いがありますがアグロ対策になるガルムモンが3コスト進化だったのに対して2コスト進化なので枠がイッカクモンに置き換わる可能性もあるかと思います

・アイスウォール

基本的に対絆戦は相手のセキュリティ3枚をキープしてこちらのデジモンを4体以上並べるのが理想ですが、準備さえ整えば連続攻撃で一気にゲームを決めれる友情の絆に1コストのアイスウォールで1ターン延命されたために負けてしまう場面が結構増えると思われます。

・ピエモン

第2弾のヴォルケニックドラモンに近い存在かと思いますが、スパイラルマスカレードを打つために3.4体並べたデジモンを一気にとられた上にコストを多く渡されて返しのターンに手札消費が多くなってしまうのはかなり厳しいです。

ですが、考えなしに入れれるカードではないので実際のデッキに採用されるかどうかは環境次第かと思っています。

・アナログの少年

進化元ありのLv5以上のデジモンをスパイラルマスカレード等で倒した場合に余計にコストを持っていかれるので低コストで除去ができるスパイラルマスカレードの利点が損なわれてしまう。

・クワガーモン

登場時効果が優秀なパルスモン、ロップモン、スターモンズ等がレスト状態にされるので返しのターンにとられてしまう。

・ロゼモン

ロゼモン+ベジーモンの盤面作られるだけで毎ターンデジモン1体ずつ倒される。

ムゲンドラモン

このカードについてはまだまだ未知数。

簡単に進化元を複数枚安定して供給しながら出せるようなデッキが仕上がるのかそれとも…

黃アグロ目線からするとムゲンドラモンのDPマイナス耐性よりそもそも黒相手は全体除去がデッキに入ってるかどうかの方がポイントになってくると思っています。

ざっと黃アグロを使う視点での要注意カードはこのあたりになるかと思います。

今のところクラシックコレクションでのカードプールの追加に関しては環境を大きく変える新しいデッキの登場はなさそうですが、黃アグロにとっては強化パーツなし、警戒カード増の向かい風かなぁといった印象です。

まとめ

長くなってしまいましたが、結構お気に入りの黃アグロデッキについて7弾迎える前に頭の中の整理するための個人的な考察でしたが誰かの役にたてば幸いです。

何かご質問等あればケンヂまで気軽にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました